上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

肘の痛み、肘の外側の痛み、テニス肘、タオルを絞る動作で痛い

 

 

 

上腕骨外側上顆は肘の外側にある骨の出っ張り部分です。

この外側の出っ張り部分には、手首を持ち上げる筋肉や手指を伸ばす筋肉が重なるようについています。

 

それら筋肉(前腕伸筋群)は、長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・尺側手根伸筋・総指伸筋があります。

 

その中でも、最も痛みの原因となる筋肉は、短橈側手根伸筋といわれています。

 

この短橈側手根伸筋は、手首を手の甲に側に持ち上げる働きをしています。

 

 

上腕骨外側上顆炎は短橈側手根伸筋がくっついている上腕骨外側上顆で炎症がおき、肘に痛みが生じます。

中年以降のテニスプレイヤーに多いことからテニス肘とも呼ばれています。

 

しかし、スポーツ以外の原因でおこることもあり、たとえば重い物を持って運ぶ、重い物を引っ張り上げる、

片手で何度も物を持ち上げたりするとき等です。

 

 

症状としては、物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、

肘の外側から前腕にかけて痛みがあらわれます。多くの場合、安静時の痛みはありません。

 

 

保存的療法としては、痛みを緩和させるストレッチや手作業時に出る痛みを軽減させる

エルボーバンドの装着があります。

 

痛みがある時はスポーツや手を休めて、前腕伸筋群のストレッチをすることが症状の改善と再発予防には有効です。

 

もし、手作業が必要な時は、エルボーバンドを短橈側手根伸筋の筋腹に巻き、圧迫することで、

痛みを軽減させることができます。

 

また、物を持つ時は手のひらを下にして持つことで患部への負担が減少し、痛みが小さくなります。

 

 

上腕骨外側上顆炎で手術に至ることは少なく、ほとんどが保存療法でよくなります。

 

しかし、使い痛みで発症しているにもかかわらず、手を休めることがなかなかできない患者さんが多く、

使いながら治療するということになります。

 

その為、治るまでに少し時間が必要になります。

 

「なかなか痛みが引かない」と不安になる人も多いですが、根気よく治療すれば必ず治りますので、

信頼のおける先生のもとで治療を継続していきましょう。

 

 

『肘の外側が痛い、テニスをしたら肘が痛い、タオルを絞る動作で肘が痛む』
そのような症状でお困りの方は、

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

南巽駅 から 徒歩1分

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください!

 

06-6755-6751

 

参考文献

 

 

三波三千男,近藤真:上腕骨外上顆炎.最新整形外科学大系,第14巻.8章変性性疾患.

中川書店,1999,p.267-272

 

島村安則 他:上腕骨外側上顆炎の診療ガイドライン.岡山医学会雑誌,第123巻.

August 2011,p.141-144

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分