テニス肘の保存的治療法【平野区 南巽駅 整骨院】

皆様、こんにちは。

 

南巽駅近から徒歩一分にある小川鍼灸整骨院

 

スタッフの川畑です(o^^o)

 

 

今日はテニス肘の保存的治療法における効果についての紹介です。

 

 

 

テニス肘とは上腕骨外側上顆炎のことで過度の負荷がかかることで炎症が生じる疾患ですが、

テニスなどのラケットを使ったスポーツをする人だけでなく、

仕事などで手や手首を日常的に使う人は誰もが発症する可能性があるとされています。

当ブログでも取り上げています。上腕骨外上顆炎(テニス肘)

 

 

全米では年間20万人がテニス肘と診断されており、比較的遭遇する疾患です。

 

米ハーバード大学医学大学院のAmin Mohamadi氏らによる研究

 

(「American Journal of Sports Medicine」10月31日オンライン版に掲載)によると

 

手術以外に取られる11種類の保存療法における効果の調査を行った結果

 

効果はいずれも限定的で、プラセボの効果を大きく上回るものはない可能性がある

 

という事が分かったそうです。

 

--------------------------------------

Mohamadi氏らは今回、計2,746人の成人男女が参加した36件の

プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を対象に、メタ解析を実施した。

これらのRCTでは手術を除いた11種類の治療法の有効性が検証されていた。

治療開始から4週後、5週後から26週後、26週後以降における各種治療の疼痛と

握力に対する有効性を検証した。その結果、4週間以内の短期間では、

ステロイドの局所注射だけがプラセボを上回る効果がわずかに認められたが、

その後はプラセボとの有効性の差は消失していた。

また、5週後から26週後の期間では、レーザー治療またはボツリヌス毒素の注射を受けた患者では、

他の治療と比べてわずかだが統計学的に有意な疼痛の軽減が認められた。

さらに、26週以降では、体外衝撃波治療を受けた患者でのみ他の治療法と比べて

長期的なベネフィットが得られた。

そのほか、握力の改善でプラセボよりも優れていたのはレーザー治療のみだった。

また、プラセボを使用した患者と比べて実際の治療を受けた患者では副作用の

発現頻度が高いことも分かった。一方、26週後以降にはプラセボを使用した患者の

99%で疼痛はほとんど、あるいは完全に消失していた。

--------------------------------------

 

以降は川畑の主観的意見となります。

興味のない方は素通りしてください。

 

では、痛みを訴えて来られた患者さんに対して、

「ほっとけば良くなる」と何もしないのが私たち(代替)治療者の役割でしょうか?

患者さんはそれで納得するでしょうか?

 

当然、そういうわけにはいかないですね。

 

西洋医学的視点を持つ重要性は危険な疾患を鑑別し、患者さんの予後を理解する事だと思います。

 

最終的に治療成績は患者さんが良くなったという主観的意見、つまり

 

患者さんの満足度によるものです。

 

この満足度は治療者患者関係における信頼性の構築、臨床場面における認知的距離の近さ、

 

あるいはSOC(センスオブコヒアランス)が満たされることが大きな要因だと考えています。

 

これらを意識して、様々な手段を使って目の前の患者にあたることが重要だと思い、

 

日々の治療にあたっています。

 

 

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、

地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市、平野区、生野区、東大阪近辺にお住まいで、

どこに行っても良くならない痛みでお悩みの方はどうぞ当院にご相談ください。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分