タナ障害[膝の前面が痛い、曲げ伸ばしで音がする、スポーツ障害]

 

 

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

足根洞症候群という病名を聞いたことはあるでしょうか。

今回はスポーツ障害でみられるタナ障害についてです。

 

 

タナ障害とは 

タナとは膝蓋骨と大腿骨の間にある滑膜ヒダのことを指します。

このタナは基本的にみんな持っているので無症状であっても膝の中にも存在しています。

タナ障害はこの滑膜ヒダに炎症が生じ、腫れや痛みが出た病態を指します。

 

 

タナ障害の原因

バレーボールやハンドボール、陸上競技など膝の屈伸を繰り返すスポーツ選手に良く見られます。

繰り返しの外力が膝に加わることで、タナが膝蓋骨と大腿骨の間に挟まったり、

こすれたりして炎症を起こし、腫れや痛みが出てきます。

 

 

症状と治療法

症状として

・膝の屈伸時にひっかかり感

・コキッ、パキンと言う音

・膝蓋骨を押すと痛い

 

などが挙げられます。

 

基本的に保存療法で経過が良く、程度によりますがスポーツの中止や安静や

運動後のアイシングなどを行います。

 

保存療法を選択しても症状の改善がみられない場合、又は状態が悪化

(例えば痛みがぞ増強)ている場合は、内視鏡下での手術でタナを切除することもあります。

 

 

おわりに

タナ障害の痛みが出た場合はスポーツの休止と安静が効果的です。

 

当院では消炎効果のあるオイル治療鍼治療などを行い、炎症や痛みが小さくなれば

ストレッチや筋力トレーニングを取り入れた治療を行っています。

 

また、次にならないための身体づくりや運動方法も指導しています。

 

 

「膝の前面が痛い、膝の曲げ伸ばしで音がする、膝の屈伸時にひっかかり感がある」

 

とお悩みの方は 小川鍼灸整骨院 へご相談ください。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

TEL:06-6755-6751

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分