ジャンパー膝の原因【ジャンパー膝 原因 スポーツ障害】

小川鍼灸整骨院のブログです。

今日はジャンパー膝について。

ジャンパー膝は、膝に負荷がかかるスポーツを継続して行う事で、膝を伸ばす仕組みに負担がかかって痛みが出てくるスポーツ障害です。

痛みの出る場所は赤丸で示した膝のお皿の周辺です。

 

ジャンパー膝原因については次の通りです。この部分は大腿四頭筋という、膝を伸ばす大きな筋肉が骨に付いているところですので、大きな牽引力が働きます。だからここの負担が大きいのですね。

 

繰り返しのジャンプや長時間のランニングなど、継続的に膝に大きな力が加わる場合、この部分の負担が大きくなって痛みが出てきます。

 

興味深いのは筋肉の硬さとジャンパー膝の関係です。大腿四頭筋が硬い人(うつぶせで膝を曲げると、かかととお尻が着かない人)はジャンパー膝になりやすいです。理由は、大腿四頭筋が硬いと、筋肉の付着部にかかる負担が大きくなるためです。

 

当院では、ジャンパー膝に対する治療としまして、炎症部分にアロマオイルトリートメントを行います。用いるオイルは炎症を抑えるはたらきがあるローズマリーカンファーやラベンダーです。

それに加えてもちろん、ストレッチも行います。ストレッチはうつぶせになって大腿四頭筋を伸ばします。

必要にに応じて、練習量の調節や靴の指導、足底板療法、キネシオテーピングなども行います。

 

小川鍼灸整骨院では、ジャンパー膝のみならず多くのスポーツ障害原因を明確にして適切な治療方法を選択して行います。

 

スポーツ障害でお困りの方、自分の痛みの原因がよく分からないとお困りの方、小川鍼灸整骨院にどうぞご相談下さい。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口徒歩のところにあります。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分