ジェネリック医薬品について②(これまでのお薬と何が違うの?)

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回はスタッフの川畑が担当します!

 

本日は「ジェネリック医薬品」についての2回目!

 

 

新薬(先発医薬品)との違いについて話していきます(^^)/

 

 

1回目の「ジェネリック医薬品って何?」も是非お読みください!!

 

 

 

 

 

ジェネリック医薬品新薬比較したとき、その違いは何でしょうか?

 

 

 

 

ではメリットデメリットを見て行きましょう (^^♪

 

 

 

 

 

新薬と比較して(メリット):

 

・安価である

 

・服用しやすいように創意工夫がされているものもある

 

 

 

 

デメリット:

・添加剤、製造方法が異なる(場合が多い)

 

・完全に新薬と同一ではない

 

 

 

 

ジェネリックの医薬品のメリットの説明です。

 

 

一番のメリット価格の安さです。

 

 

 

新薬と比較して薬価が5割前後安くなるものも多くあります。

 

 

 

 

 

医薬品は効果がある化合物の探索➞➞販売にかけてまで莫大な金と時間を要します。

 

ジェネリック医薬品が安価な理由はこの開発期間が省略されるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ジェネリック医薬品は新薬の後に出る為、

 

その抱えていた問題点を改善したものも多数あります。

 

 

 

改善点の例としては形状(大きさ・粒径)、味、におい、保存性などがあります。

 

 

 

 

ジェネリックの医薬品のデメリットの説明は

 

 

次回、③医薬品の特許について

 

で触れていきますね。

 

 

 

 

では今回はここまで(^^)/

 

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

当院はスポーツ障害、手術後・外傷後のリハビリも得意としております。

 

お困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分