ジェネリック医薬品について①(ジェネリック医薬品って何?)

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回はスタッフの川畑が担当します!

 

今回から何回かにわたり、「ジェネリック医薬品」について書いていきます。

 

 

 

 

先日、患者さんから「病院からジェネリック医薬品を勧められた」

 

「安いのはいいけど、本当に効果があるのかな~」

 

「先生、実際の所、どうなのか教えて!!」

 

とご質問がありました。

 

 

 

折角なので調べた内容をお話ししようと思います。

 

 

1回目の今回は ①ジェネリック医薬品って何?

 

 

 

さて、みなさんは「ジェネリック医薬品」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

この呼び名以外では「後発品」、「ゾロ品」などの名でも呼ばれています。

 

 

「ジェネリック」の名は 「generic(ジェネリック)一般的 な」に由来しています。

 

 

欧米では薬を処方する時に、そのブランド名ではなく、一般名で呼ばれることが多く、

 

日本でもそれを受けて後発医薬品に対して「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになったようです。

 

 

「後発品」の由来は先に出た薬、つまり新薬を「先発品」と捉えて、

 

それより後に出た薬だから、「後発品」となっています。

 

 

例えば、頭痛に対して良く使われる「ロキソニン」はブランド名(商品名)です(第一三共製薬の先発品)。

 

 

そして、ロキソプロフェンナトリウムは一般名であり、ロキソニンの有効成分です。

 

 

 

ジェネリック医薬品も同一の有効成分(ロキソプロフェンナトリウム)を含みますが

 

その商品名は異なります。

 

 

 

ここは、何となくそうなんだと読んでください(笑)

 

 

 

 

さて、続けていきますね。

 

 

 

 

ジェネリック医薬品は新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される薬です。

 

 

様々な試験(生物学的同等試験など)の下、新薬とその有効性や安全性が同等である

 

 

と認められ、厚生労働省の認可がおりて、初めて販売が許可されます。

 

 

 

 

そんなジェネリック医薬品の世間的なイメージはなんか安い薬」、「効きめが弱い」

 

等、どちらかというとネガティブな意見が多いように感じられます。

 

 

この辺りの理由はまた今度

 

 

④「日本におけるジェネリック医薬品の現状」(仮)

 

で触れていきますね。

 

 

 

では今回はここまで(^^)/

 

 

次回は

 

②これまでのお薬(新薬、先発医薬品)と何が違うの?

 

をお話ししていきますね(^-^)

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

心身の不調でお困りの方、痛みの原因が分からない

 

とお困りの方は是非ご相談下さい。

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分