ギックリ腰の原因①?【ぎっくり腰 腰痛 平野区 生野区】

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今日はギックリ腰ぎっくり腰)について。

皆さんはギックリ腰ぎっくり腰)って、どんな腰痛だと解釈されていますか?

「突然やってくる腰痛」と解釈されている人も多いと思います。

正解!!

そうなんです。突然やってくる腰痛のことをギックリ腰ぎっくり腰)といいます。

だから、突然やってきたひどい腰痛で動けなくなり、救急車で病院に運ばれてMRI検査を行ったところ、ヘルニアが確認されて、「腰椎椎間板ヘルニア」という診断を受けることもあるのです。

 

この場合は、最初はギックリ腰ぎっくり腰)だと思っていたけど、「検査の結果そうではなく、椎間板ヘルニアだった」ということになります。

 

ギックリ腰ぎっくり腰)が最後までギックリ腰である場合は、検査をしたけれどもどこも異常がなく、それでも痛みだけがしっかりとある場合だけです。

このように、ギックリ腰は、①突然やってくる強い腰痛 ②検査をしたけれども異常が見られない という2つの条件を満たす必要があると言えますね。

突然やってくる強い腰痛がギックリ腰の1つの条件ですが、時に「私はもう、50回以上ギックリ腰をしています!」と表現される人もいますが、きっとこのような人は小さな(痛みが小さい)ギックリ腰もカウントされているのでしょうね。

小さな腰痛であってもカウントしたくなる理由はよく分かります。それは、一度ギックリ腰を経験してしまうと、あの痛みを二度と経験したくない!、なんとかして回避したい!と思うために多い目に反応してしまうのです。ここに同意される患者さんを多く経験しました。

また、検査をしたけれども異常が見られないとうのもギックリ腰の1つの条件ですが、では、異常がないのになぜあんなに痛むのでしょうか?謎ですね。

この謎も腰痛の痛みを大きく感じさせる要因の1つです。

 

ということで、今回以降のブログではギックリ腰についてシリーズで詳しく説明していきたいと思います。

 

本日のブログを第1回目として、ギックリ腰の体の原因、ギックリ腰の心の原因、ギックリ腰が起きやすい動作、ギックリ腰の治療法としてシリーズでブログを展開させて頂きます。

大阪市平野区生野区、西部東大阪地区で、ギックリ腰でお困りの方、小川鍼灸整骨院に駆けつけて下さい。近隣にはパーキングもあります。車いすでパーキングまでお出迎えも可能です。

 

小川鍼灸整骨院大阪市平野区生野区の境目、地下鉄千日前線①出口から徒歩1分のところにあります。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分