ギオン管症候群[南巽 小川鍼灸整骨院 手のしびれ]

手がしびれる、細かい動きが上手く出来ない、手の筋肉がやせてきた

                                     

 

概要 

手の小指側がしびれたり、手の筋肉がやせてきたりする疾患にギオン菅症候群があります。

 

ギオン管は豆状骨と有鈎骨、そしてこの二つを繋ぐ豆鈎靭帯によって形成されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の小指や薬指がしびれる原因はいくつかありますが、

 

ギオン菅症候群は尺骨神経の障害によっておこります。

 

 

特徴として、ギオン管症候群の場合は、ギオン管周辺のしびれ感や知覚低下はありません。

 

しかし、肘部管症候群は、ギオン管周辺も含めた領域で痺れ感や知覚低下が認められます。

 

 

 

 

 

ギオン管症候群の知覚低下が起こる部位  肘部管症候群の知覚低下が起こる部位

 

 

原因

原因としては、ガングリオンが最も多く、その他に脂肪腫、犠牲動脈瘤、破格筋、骨折など

 

小指球の付け根にあるギオン管を通る尺骨神経が圧迫されることによっておこります。

 

 

また、小指球部でドライバーを押し付ける、ハンマーを打つ、ナイフを持つ、

 

そばを打つなどの手の使い過ぎと関連があります。

 

 

 

 

症状

症状としては、しびれや感覚の低下、手の細かい作業が出来なくなる(巧緻運動障害)、

 

かぎ爪変形、フローマンサイン陽性などがあります。

 

 

しびれる範囲は薬指の半分から小指にかけてで、手のひら半分より指先になります。

 

巧緻運動障害は箸が使いにくい、ボタンが留めにくい、洗濯バサミが使えないなどがあります。

 

 

 

 

治療法

治療に関しては、圧迫が原因と特定できた場合には、尺骨管部の圧迫を避けることが最も重要です。

 

症状の出現から早期であれば保存療法で徐々に軽快しますが、手の筋肉が萎縮してきた、

 

しびれが回復しない、そのような場合は手術療法も考えなくてはいけません。

 

 

 

 

おわりに

最近はロードバイクが人気で、通勤・通学あるいは趣味で使う方が増えています。

 

グリップに体重をかける乗り方をし、長時間運転しているとギオン管への負荷がかかり、

 

尺骨神経を圧迫してしまう事にもつながります。

 

 

乗る際は、体重がかかり過ぎないように運転しましょう!

 

 

 

手のしびれに関しては原因となるものが色々あります。

 

原因を特定し、早期に適切な治療をすることが大切です。

 

 

『手がしびれる、細かい動きが上手く出来ない、手の筋肉がやせてきた』

 

という症状でお困りであれば

 

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

しっかりと診させていただきます。

 

 

 

 参考文献

長岡正宏:Guyon管症候群.最新整形外科学大系,第15巻.10章 絞扼性神経障害.中川書店,1999,p 85-89

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分