エコー観察[超音波 骨折 捻挫 打撲 膝の腫れ]

エコー観察(超音波診断装置による観察)

                                

 

ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

あなたはエコー(超音波)という言葉を聞いたことはありますか?

 

今日は便利な装置 「エコー」についての内容です。

 

病院や整形外科などで使われるエコー体の中を観察できる装置です。

 

 

レントゲンのように放射線を出さず妊婦さんでも安心して使えるので、

 

赤ちゃん(胎児)を観察することによく使われています。

 

 

 

また、レントゲンは骨を見るのに適していますが、エコーは骨だけでなく、

 

軟部組織(筋肉、靭帯など)を観察することも可能なので、

 

 

骨折・打撲・捻挫・スポーツ損傷・膝の水・膝軟骨の様子

 

も知ることが出来るため、治療に大いに役に立つ装置です。

 

 

 

 

エコーの優れた3つの特徴

 

エコーの優れた特徴として、

 

①放射線を出さない

②時間がかからず、手軽に身体を観察できる

③手や足を動かしながら観察できる

 

この3つの特徴から、手軽に安心して使用でき、しかも動態観察(関節などを動かしながら観察)も出来るため、

 

実際に筋肉がどう動いているかを可視化できます。

 

 

 

 

エコーで何が出来るか

 

エコーは体の内部からケガの損傷度合いや回復度合いを視覚的に確認できるので、

 

状態に適した治療やリハビリ、トレーニングを提案できます。

 

 

 

 

おわりに

 

エコー検査は、レントゲン検査ではわからない軟部組織の状態を検査します。

 

「痛みの奥が気になるのでみてもらいたい!」

 しっかりと身体やケガの状態を把握して、適した治療を受けたい」

 

 

とお考えの方は一度ご相談ください。

 

 

 

 小川鍼灸整骨院 へご相談ください。

 

しっかりと診させていただきます。

 

 06-6755-6751

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分