くせになる捻挫【捻挫 平野区 加美北 南巽 北巽 整骨院 反復性】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、前回の足関節捻挫の患者さん、Iさんが面白いお話をしてくれましたので紹介いたします。足関節捻挫を無治療で放置すると何度も捻挫を繰り返す「反復性足関節捻挫」になるのですが、きっとこうやってなっていくのだな、と教えてくれるお話しです。この話は、反復性足関節捻挫にならないために皆さんにお話しさせていただきます。

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の南西、平野区と生野区の境目にある加美北地区にあります鍼灸整骨院です。骨折や脱臼・打撲・捻挫はもちろんのこと、鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法の理論を応用して慢性的な痛みの治療も行なっています。

 

 

最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅です。1番出口から徒歩1分のところです。最近は北巽と間違えて下車される方もいらっしゃいますが、南巽です。北巽ではありません(笑)。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。今日は熱風が吹いていますので歩くなんてとんでもない。だから間違えないでくださいね(笑)。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

 

執筆担当は小川です。
http://www.korikori.com/staff/

 

 

事例

 

Iさん50歳女性。主訴は左足首の腫れと痛み。職業は医療機関受付。2日前にテニスをしていて足首を捻挫した。腫れがひどいので勤務先の整形外科を受診したところ、骨折はないが4週間の固定が必要と診断されとのことです。しかしIさんが固定を拒否すると、ゴムで出来たサポーターを出してくれて「これで様子を見ましょう」と言われたそうです。「4週間の固定は必要といいながら、それが出来ないとなるとこんな簡単な固定?それって大丈夫なの?」とIさんは感じたそうです。その医師は70歳ぐらいでフレンドリーに話せる雰囲気でもなく、詳しい事が知りたいと当院に来院されました。

 

 

 

 

詳細は下のリンクをご参照ください。

http://www.korikori.com/blog/足関節捻挫の治療【捻挫%e3%80%80平野区%e3%80%80南巽%e3%80%80北巽%e3%80%80/

 

 

Iさんの語り

 

 

 

 

Iさんは、3回目の来院時の今日、私に次のようなことを語りました。この語りは、捻挫をした人がなぜ安静に出来ないのか、なぜ痛いながらもスポーツ復帰するのかを私に教えてくれました。中途半端に治してスポーツ復帰してしまうと、反復性の足関節捻挫になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

 

捻挫したときは本当に大丈夫かな?と思ったんよ。整形外科の先生に診てもらったけど、ほんまにようわからんから先生に診てもらったやんか。ほんまによかった。安心したし。それで、オイルでマッサージしてもらったらすぐに腫れが引いたやんか、痛みもうんと楽になってちょっと腫れてるけど、大丈夫ちゃうかな?って。だからもう、こっそりとテニスやっちゃおうかなって・・・(笑)。

 

 

 

 

 

 

ほんまはね、むっちゃテニスやりたいねん。この前ガットを変えたばっかりで、このガットでやりたいこといっぱいあるねん。私ね、ガット張り替えてから計画立ててテニスやってるねん。もう、私の楽しみはテニスしかないねん。

 

 

私にとってのテニスってね、もう単なる趣味じゃないの。ストレス発散はもちろんやけど、人間関係も楽しいねん、テニスがないと仕事してる意味ないねん、今の自分の人生はテニスが充実してなかったら意味ないねん!

 

 

でもね、やっぱりアカンねん。なんかちょっと違うねん。これ、ちゃんと治さないとアカン気がする・・・・。」

 

 

 

考察

 

 

今回のIさんの捻挫はⅠ度からⅡ度損傷の間ですのでそんなに重症ではありません。しかし腫れはあります。

 

 

前方引き出しテストでは右に比べて左は少々ゆるいように感じます。

 

 

そして、不安定感を本人は感じておられます。

 

 

この状態でテニスをしてしまうと、また同じような足の形になって捻挫を起こしてしまう可能性が高いです。

 

 

今回Iさんはご自分の感覚で、「やっぱりテニスは出来ない」と踏みとどまってくれたのでよかったのですが、多くの人はこのままスポーツに復帰するのだろうなと感じました。

 

 

Iさんの場合は捻挫のグレードも低かったので受傷後、10日程は練習を休んでもらって、その間はオイルでマッサージを行ない浮腫と炎症を軽減させることに努めました。

 

 

そして、ネットで足関節の装具を一緒に探して、これ!というものを決めて注文しました。

 

 

楽天市場です(笑)。

 

 

足関節捻挫は外傷なので、あまり患者さんの心理社会的な背景に触れることはないと勝手に思っていました。しかし、そうではありません。Iさんには早く復帰したい社会的で個人的な理由がありました。

 

 

他の患者さんもきっとそう。

 

 

クラブのメンバーが足りないから休めない。レギュラーを外されるから休めない。絶対に仕事を休めないなどなど、患者さんにはそれぞれいろいろな事情がありますね。

 

 

「足関節捻挫は後療法が重要です。せっかく痛みがなくなったのに、再受傷してしまっては意味がありません。我慢するところはしっかりと我慢して、治しましょう。」

 

 

と言いたいところですが、患者さんの気持ちに寄り添えば、難しいところもありますね。

 

 

そんな場合は早期復帰のメリットとデメリットを説明して、患者さんと一緒によく考えて治療方法を決めるようにしています。

 

 

おわりに

 

 

 

 

大阪市の平野区加美北地区、生野区界隈で足関節捻挫の痛みでお悩みの方は是非とも当院にご相談下さい。患者さんの背景をしっかりとお伺いして、ニーズに合った治療を行ないます。小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽ではありません。南巽ですよ。

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分