「ある患者さんに少し近づけた?」の話1

ホームページ移設のために以前の記事をアップさせていただいております!

以下は2012年6月の記事です。

 

今日は、「ある患者さんに少し近づけた気になれた!」というお話です。

話の内容は少し変えておきますね。

 

 

その患者さんはとにかく腰が冷えると訴えます。腰が冷えて夜も眠れないと

言うのです。確かに、冷えから痛みがやってくるというお話はよく聞く話です。

 

 

この患者さんの体の中に構造の異常などがないか診てみましたが、ありません。

 

 

とにかく冷えを訴えるこの患者さん。僕は、「もしかしたら冷えていなくっても痛み

を感じることがあるのではないかな?」と考えました。もし、そうだとしたら、冷えが

痛みの原因ではないということになります。この患者さんが過剰に冷えに対して

敏感になり、冷えると必ず痛みを引き起こすと考えている可能性があるのです。

 

 

この方にとっては、冷えがあるかないかは大きな問題です。僕は、「○○さん、治療

のために試して見てほしいことがあるのですが・・・。それは、わざと腰を冷やして

みることです」と提案しました。

 

 

すると、その患者さんは、「ダメダメ!そんなことしたら100%痛みが出る

から!そうしたらその痛みはどうなるの?どうして治療ができるの?」

といいました。

 

 

この患者さんは、固く信じているのです。この患者さんにとっては「必ず」

痛みは出るのです。僕は、難しさを感じて、「そうですね、痛みが出ますよね

・・・」とその日は患者さんの言葉を受け入れました。「○○さん、今日は

しっかりと治療しておきましたので、明日、どんな調子か教えてもらえますか?

と言ってその日の治療は終わりました。

 

 

そして次の日です。

 

 

その患者さんは、痛みに変化がないといいます。僕は次のように言いました。

「○○さん、僕は○○さんにお話したいことがた~くさんあります。でも、今は

いいませんね(笑)。」その患者さんは。「なにそれ?なんでもったいぶるの?」

と不思議そうに僕に対応します。

 

 

僕は「今はその時期じゃないから笑)などとごまかしたような話ぶりをしました。

その冗談めいた会話が場をなごましたのでしょうか、そのときが突然やってきた

のです。

 

 

あ~~~~、長くなってしまいました。続きは次回にしようと思いますね。

 

 

ではコマーシャルです。

肩こり、腰痛、ぎっくり腰でお困りの方はどうぞご相談くださいね。小児鍼

も施術していますので、夜鳴き、かんむしでお困りのお母さんもご相談くだ

さい!また、手術をして悪い部分は治ったと言われるけど、まだ傷みがある!

とお困りの方もご相談くださいね。さらに、更に、「病院で診てもらったけど

原因がわからない」「病院でもよくならない」「もっと説明してほしい」とお

考えの方もどうぞご相談くださいね

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分