症例紹介:変形性膝関節症(平野区 整骨院 小川鍼灸整骨院 膝の痛み)

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

最近、膝の痛みの患者さんの報告が続いていますが、今回も、膝の痛みで来院され非常に良好な結果が得たれた患者さんについて報告させて頂きます。内容につきましては、基本的な構造が変わらない程度に内容を加工しています。

 

事例

67歳女性のLさんです。痛みは両膝の痛みです。膝は特に右側の痛みが強いと話していました。歩く姿は両膝が伸びない様子で、足を引きずるようでした。

 

問診と診立て

学生時代からバレーボールを頑張っておられ、このお歳でもまだなんとか頑張っておられるとのことです。20年前には試合中に右膝の半月板を損傷。その後手術を受けて内側半月板を切除されました。それからはだましだまし膝を酷使して、膝が変形してきたと話しました。来院の数日前には、急に膝の痛みが強くなり、以前より伸びなくなってきたので、インターネット検索をして当院を受診されました。Lさんは、バレボール競技人生のなかで沢山ケガをしてきており、その遍歴をメモにしてくれました。

 

 

膝の状態は写真の通り、右の方が左よりも伸びなくなってしまっています。見た目でかなりの変形があることがわかりました。左右とも水はあまり溜っていません。変形性膝関節症であることは間違いないですが、右側は半月板を切除しているために変形がひどいのでしょう。歩行時の痛みはもちろん、動きはじめに痛みは強く、膝関節の側方動揺性は特に右で強くありました。

 

 

Lさん自身の希望もあり、治療を行ないながらタイミングを見計らって整形外科でレントゲン検査を行う事になりました。レントゲン検査の結果は写真の通りです。

 

 

Lさんは、まだ現役であり、週に1~2回、バレーボールの試合・練習に参加しているそうです。Lさんは、「80歳まで試合に出場したいと考えているのに・・・」と不安げでした。

 

施術

 

施術の基本はやはり、膝周りのオイルマッサージです。ローズマリーカンファーという精油を用いて滑膜の炎症を抑えるように心がけます。あと、レントゲン検査を行ってこの先膝がどうなっていく可能性があるのか、その時にどうすればよいのか、バレーボールはできるのかどうか、手術の可能性はどうか、できるだけ変形を予防するためにどうすればよいか、などをしっかりと話し合いました。また、関節の不安定性が痛みと関係していることはよく知られていることですので、自宅で手軽にできて比較的運動強度の高いランジスクワットを指導しました。

 

結果

施術は週に2回、4週間、合計8回を1クールとしました。今回の結果は1クール終了時のものです。来院初日の痛みを10段階中、10としたときに、「今の痛みはどの程度ですか?」と2回目以降の施術前に患者さんに伺いました。痛みの変化はゆるやかでしたが、4週間後(8回目の施術前)には10の痛みが4にまで下がっていました。週末のバレーボールも納得がいく程度にできています。なによりも、Lさん自身が「自分の膝に対して」信頼を回復させたことが痛みを小さくした1つの要因だと思われました。

 

考察

 

Lさんとの会話のなかで特に印象的だったのは、初日に話されたことばでした。そのことばは、「自分は痛みの原因が分ればそれを我慢することはできると思う。でも、それが分らなければどうすることもできない。」というものでした。3回目の治療の後に整形外科を受診され、レントゲン検査を行ない、自分の膝の状態を説明してもらい、人工関節がまだ必要でないことを確認できたことが、Lさんにとっては非常に良かったように思われます。この効果は認知行動療法的な効果と言えると思います。この効果によって痛みの閾値が上がったのではないでしょうか。

 

多くの患者さんは整形外科を受診して、レントゲン検査をされていますがそれでも納得できず私たちの治療を求めます。その理由は、整形外科医から患者さん自身が納得できるような説明を受けていないからだと考えます。Lさんに代表されるような患者さんは、痛みとともに非常に大きな不安を抱えております。この不安が説明によって払拭されるものであれば、整形外科医はしっかりと説明するべきだと思います。Lさんが半月板摘出術を受けた病院は非常に有名な病院で、医師もまた有名だそうです。だから会話もほとんどなく、それがイヤで整形外科を長らく受診しなかったとLさんは言いました。

 

今回私は、私が修行を積んだ整形外科をLさんに紹介しましたので、私の意図を汲み取ってくれた私の師匠や私の同門になるスタッフがしっかりとLさんに説明してくださいました。その結果、不安と痛みで曇っていたLさんの心はすっきりと晴れ上がったのだと思います。もちろん、ローズマリーカンファーの効果もあります。

 

Lさんの膝の痛みはゼロではありません。しかしLさんが話したとおり、Lさんは、痛みに合点がいけば耐えることができるのです。そこまでもっていくことができれば治療はほぼ完成しています。あとは、時折出てくる痛みにうまく折り合いを付けながら、可能な限りバレーボールを続けて頂けるようにサポートしていくのみです。

 

おわりに

 

変形性膝関節症はレントゲン検査で変形が大きくとも痛みを感じない場合も多いです。ということは、変形がひどくても痛まない膝になり得ます。人工関節を免れることも可能な場合があります。その可能性がありそうかどうか、私たちと一緒に考えていきましょう。

大阪市の平野区、生野区界隈で変形性膝関節症の痛みでお悩みの方は是非とも当院にご相談下さい。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

参考文献

 

1)市場和志:変形性膝関節症の臨床症状とX線所見との対比,中国・四国整形外科学会雑誌/ 10 巻 (1998) 1 号.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsoa1989/10/1/10_1_23/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分